週刊エコノミスト Online学者が斬る・視点争点

採用軽視では革新は生まれず=碇邦生

    高まる人材獲得の重要性

     近年、優れたイノベーションを生み出している企業に共通してみられる特徴として、採用に力を入れていることが挙げられる。Google(グーグル)の従業員番号4がヘザー・ケアンズという採用担当であったように、イノベーションの源泉として人材を採用できるかどうかが鍵を握る。そのため、人材獲得競争は世界中で激しさを増している。

     日本でも、大学新卒であっても年収1000万円を超えるオファーが出るというニュースも目にする機会が増えてきた。くら寿司が、2020年春の新卒採用で、入社1年目から年収1000万円の幹部候補生を募集するというニュースは記憶に新しい。

    残り2352文字(全文2636文字)

    週刊エコノミスト

    週刊エコノミストオンラインは、月額制の有料会員向けサービスです。
    有料会員になると、続きをお読みいただけます。

    ・会員限定の有料記事が読み放題
    ・1989年からの誌面掲載記事検索
    ・デジタル紙面で過去8号分のバックナンバーが読める

    通常価格 月額2,040円(税込)

    週刊エコノミスト最新号のご案内

    週刊エコノミスト最新号

    2月2日号

    ガソリン車ゼロ時代第1部 激変する自動車産業22 EVで出遅れる日本 市場奪取へ勝負の10年 ■市川 明代/白鳥 達哉26 図解・日本の雇用 製造から販売まで、2050年に80万人減も ■白鳥 達哉28 ガソリン車よりエコ! 生産から廃車まで、EVのCO2排出は少ない ■桜井 啓一郎31 インタビュ [目次を見る]

    デジタル紙面ビューアーで読む

    おすすめ情報

    最新の注目記事