教養・歴史書評

ブルデューがあぶりだす「趣味」と社会構造の関係=荻上チキ

    ×月×日

     テレビ番組「NHK 100分de名著」の最新回が、ピエール・ブルデュー『ディスタンクシオン』で、担当が社会学者の岸政彦であるということで、発売してすぐテキスト(NHK出版、524円)をkindle版で購入。この回は人気で、各地の書店でも売り切れが相次いでいると聞いた。それも納得。こんなに面白く、読者を語り合いに誘うような本が、話題にならないはずはないなと。

     人々がいかなる「趣味」を身につけているか。そのことを丹念に調べたブルデューは、趣味という極めて個人的な選好が、その人の経済階層や親の職業など、社会的な構造と切っても切り離せないことをあぶり出した。人々が獲得してきた慣習(ハビトゥス)は、人生での選択をパターン化させていく。また、似たようなハビトゥスを身につけてきた人たちは、それぞれの「界」で、自分が優位性を獲得するための絶え間なき象徴闘争を行って…

    残り986文字(全文1370文字)

    週刊エコノミスト

    週刊エコノミストオンラインは、月額制の有料会員向けサービスです。
    有料会員になると、続きをお読みいただけます。

    ・会員限定の有料記事が読み放題
    ・1989年からの誌面掲載記事検索
    ・デジタル紙面で過去8号分のバックナンバーが読める

    通常価格 月額2,040円(税込)

    週刊エコノミスト最新号のご案内

    週刊エコノミスト最新号

    4月27日号

    未来産業の本命 新エネ、DX、デジタル通貨第1部 エネルギーとデジタルが生む革新14 脱炭素の大開拓時代 革命は日本から始まる ■浜田 健太郎/村田 晋一郎16 新エネ(1) 洋上風力 潜在力は原発500基分 ■宗 敦司19 (2) 送配電 「直流送電」で再エネ普及へ ■南野 彰24 (3) 蓄電池 [目次を見る]

    デジタル紙面ビューアーで読む

    おすすめ情報

    最新の注目記事