経済・企業日本経済総予測 2021

成長力 株高の先にある低成長社会 「脱炭素」にかじを切れるか=河野龍太郎

    2050年までの脱炭素化を打ち出した(東京電力福島第1原発で汚染処理水の入った瓶を手に、浄化の仕組みなどについて説明を受ける菅義偉首相)
    2050年までの脱炭素化を打ち出した(東京電力福島第1原発で汚染処理水の入った瓶を手に、浄化の仕組みなどについて説明を受ける菅義偉首相)

     ついにニューヨークダウが3万ドルを突破した。有効なワクチンの早期普及の期待が高まる中、遅れていた米国の政権移行プロセスも開始され2021年のグローバル経済に対する楽観が広がる。ただ、筆者は回復が始まっても、先進各国の潜在成長率の低下傾向は変わらず、「低成長、低インフレ、ゼロ金利、膨張する公的債務」のジャパニフィケーション(日本化)が定着するリスクは排除できないと考える。

     鍵となるのは、米国を中心とする世界的な株高の意味するところだ。必ずしも実体経済が好循環に向かうことを示唆していない。米国を中心にイノベーションが続いても、果実はアイデアや資本の出し手に集中し、平均的労働者の所得増は期待できない。コロナ危機後も、消費性向の低い富裕層の所得ばかりが増え、貯蓄と投資のバランスを崩し、経済を均衡させる自然利子率は低迷する。米連邦準備制度理事会(FRB)がゼロ金利を続けて…

    残り2112文字(全文2499文字)

    週刊エコノミスト

    週刊エコノミストオンラインは、月額制の有料会員向けサービスです。
    有料会員になると、続きをお読みいただけます。

    ・会員限定の有料記事が読み放題
    ・1989年からの誌面掲載記事検索
    ・デジタル紙面で過去8号分のバックナンバーが読める

    通常価格 月額2,040円(税込)

    週刊エコノミスト最新号のご案内

    週刊エコノミスト最新号

    12月14日号

    税務調査 あなたの資産も丸裸18 「やりすぎ」節税は許さない 厳しく追及される富裕層 ■加藤 結花21 タワマン 過剰な節税は狙われる ■村田 晋一郎22 海外資産 86カ国・地域との情報交換が端緒 ■高鳥 拓也24 生前贈与 最強の節税策が使えなくなる前に ■山崎 信義27 見逃しがちな広大地還付 [目次を見る]

    デジタル紙面ビューアーで読む

    おすすめ情報

    最新の注目記事