テクノロジーAI図解 日本の未来

第8回 量子暗号技術、「スカパー」に好影響=ゼノデータ・ラボ

詳しくはこちら

 圧倒的な計算処理能力を持つ量子コンピューターの出現は、ビッグデータ解析や医薬品開発など、さまざまな分野での技術発展が期待される。同時に注目を集めているのが「量子暗号通信技術」だ。分割不可能な光子の一つひとつにデータを載せて送信することで、通信途中の盗聴や解読を検知できる仕組みで、機密性の高い情報での利用拡大が期待される。AI(人工知能)を使った業績予測システム「ゼノブレイン」は、量子暗号通信の普及によって影響が大きく出る国内上場企業を分析した。

 今年10月に日本初の量子暗号通信技術の事業化を発表した東芝や、技術研究に携わるNEC、NTTなどが名を連ねるなか、最も影響が大きいと分析されたのは、スカパーJSATホールディングスだ。多チャンネルの衛星放送「スカパー!」で有名だが、アジア最大の衛星通信事業者でもある。

残り545文字(全文912文字)

週刊エコノミスト

週刊エコノミストオンラインは、月額制の有料会員向けサービスです。
有料会員になると、続きをお読みいただけます。

・会員限定の有料記事が読み放題
・1989年からの誌面掲載記事検索
・デジタル紙面で過去8号分のバックナンバーが読める

通常価格 月額2,040円(税込)

週刊エコノミスト最新号のご案内

週刊エコノミスト最新号

2月14日号

どうする?どうなる?日銀大検証16 岸田政権「インフレ抑制」へ 10年ぶり総裁交代で緩和修正 ■浜田 健太郎19 インタビュー 軽部謙介 帝京大学教授・ジャーナリスト 日銀が甘くみた内閣の力 「安倍1強」に内部ひょう変21 「 ガラパゴス」日銀 市場機能をマヒさせた「看守」 低金利慣れの財政に大打撃 [目次を見る]

デジタル紙面ビューアーで読む

おすすめ情報

編集部からのおすすめ

最新の注目記事