【週刊エコノミスト創刊100年キャンペーン実施中】いまなら週刊エコノミストオンラインをお申し込みから3カ月間無料でお読みいただけます!

国際・政治世界経済総予測 2021

欧州 復興基金で環境投資を加速 テスラで揺らぐ独自動車業界=藤好陽太郎

電動化に大きくかじを切ったドイツの自動車業界(Bloomberg)
電動化に大きくかじを切ったドイツの自動車業界(Bloomberg)

 欧州各国は11月初めにかけて再度の都市封鎖(ロックダウン)に踏み切った。これにより新型コロナウイルスの新規感染者は減少してきたものの、経済は大きな打撃を受けている。そこに英国の欧州連合(EU)離脱(ブレグジット)が追い打ちをかけようとしている。EUは難産の末に合意した欧州復興基金をテコに官民一体で環境関連への投資で乗り切る構えだが、前途は多難だ。

 英銀関係者によると、最近、英中部のコベントリーにあるジャガー・ランドローバーの工場で100人規模のレイオフ(一時解雇)が行われた。一部は労賃の安いハンガリーの工場で補ったという。ブレグジットによる混乱回避が理由だというが、コロナ禍を隠れみのにしているようだ。ブレグジットを理由にしたレイオフは政治的に批判されかねないが、コロナであれば通りやすいという。

残り2035文字(全文2387文字)

週刊エコノミスト

週刊エコノミストオンラインは、月額制の有料会員向けサービスです。
有料会員になると、続きをお読みいただけます。

・会員限定の有料記事が読み放題
・1989年からの誌面掲載記事検索
・デジタル紙面で過去8号分のバックナンバーが読める

通常価格 月額2,040円(税込)が、今なら3ヶ月0円

週刊エコノミスト最新号のご案内

週刊エコノミスト最新号

12月13日号

論争で学ぶ 景気・物価・ドル円14 バブルは別の顔でやって来る ■熊野 英生17 鳴らないアラート 「経済の体温計」を壊した罪と罰 ■中空 麻奈18 対論1 米国経済 景気後退入りの可能性高い ■宮嶋 貴之19  景気後退入りの可能性は低い ■高橋 尚太郎20 対論2 日銀 23年後半から24年前半 [目次を見る]

デジタル紙面ビューアーで読む

おすすめ情報

編集部からのおすすめ

最新の注目記事