資源・エネルギー世界経済総予測 2021

クローズアップ2 ESG債 6年で発行額は10倍超 環境で覇権狙うEU=香月康伸/伊井幸恵

    Bloomberg
    Bloomberg

     コロナ禍をへて、環境や社会問題などに資金の使途を限定した債券「ESG債券」の発行額が急増している。2020年は11月末時点で5000億ドル(約52兆円)と、既に19年の約1・5倍に膨らんでいる(図)。

    広がるグリーン国債

     ESG債は主に、資金の用途を再生可能エネルギーなど環境関連事業に限定する「グリーンボンド(環境債)」、社会問題に使う「ソーシャルボンド(社会貢献債)」、その両面を含む「サステナビリティーボンド」の3種類に大別される。国際資本市場協会(ICMA)が環境債を認定する際の原則を策定した14年以降、ESG債は環境債がけん引する形で発行額が伸び、10倍超にまで膨張。累計の発行残高は約1・2兆ドル(約130兆円)に達した。

     注目されるのは国が発行する環境債「グリーン国債」の広がりと、急拡大するESG債市場の主導権を握ろうとする欧州連合(EU)の動きだ。

    残り930文字(全文1314文字)

    週刊エコノミスト

    週刊エコノミストオンラインは、月額制の有料会員向けサービスです。
    有料会員になると、続きをお読みいただけます。

    ・会員限定の有料記事が読み放題
    ・1989年からの誌面掲載記事検索
    ・デジタル紙面で過去8号分のバックナンバーが読める

    通常価格 月額2,040円(税込)

    週刊エコノミスト最新号のご案内

    週刊エコノミスト最新号

    2月2日号

    ガソリン車ゼロ時代第1部 激変する自動車産業22 EVで出遅れる日本 市場奪取へ勝負の10年 ■市川 明代/白鳥 達哉26 図解・日本の雇用 製造から販売まで、2050年に80万人減も ■白鳥 達哉28 ガソリン車よりエコ! 生産から廃車まで、EVのCO2排出は少ない ■桜井 啓一郎31 インタビュ [目次を見る]

    デジタル紙面ビューアーで読む

    おすすめ情報

    最新の注目記事