資源・エネルギー世界経済総予測 2021

クローズアップ2 ESG債 6年で発行額は10倍超 環境で覇権狙うEU=香月康伸/伊井幸恵

Bloomberg
Bloomberg

 コロナ禍をへて、環境や社会問題などに資金の使途を限定した債券「ESG債券」の発行額が急増している。2020年は11月末時点で5000億ドル(約52兆円)と、既に19年の約1・5倍に膨らんでいる(図)。

広がるグリーン国債

 ESG債は主に、資金の用途を再生可能エネルギーなど環境関連事業に限定する「グリーンボンド(環境債)」、社会問題に使う「ソーシャルボンド(社会貢献債)」、その両面を含む「サステナビリティーボンド」の3種類に大別される。国際資本市場協会(ICMA)が環境債を認定する際の原則を策定した14年以降、ESG債は環境債がけん引する形で発行額が伸び、10倍超にまで膨張。累計の発行残高は約1・2兆ドル(約130兆円)に達した。

 注目されるのは国が発行する環境債「グリーン国債」の広がりと、急拡大するESG債市場の主導権を握ろうとする欧州連合(EU)の動きだ。

残り930文字(全文1314文字)

週刊エコノミスト

週刊エコノミストオンラインは、月額制の有料会員向けサービスです。
有料会員になると、続きをお読みいただけます。

・会員限定の有料記事が読み放題
・1989年からの誌面掲載記事検索
・デジタル紙面で過去8号分のバックナンバーが読める

通常価格 月額2,040円(税込)

週刊エコノミスト最新号のご案内

週刊エコノミスト最新号

10月11日号

止まらない円安 24年ぶり介入第1部 市場の攻防15 亡国の円買い介入 財政破綻を早める ■編集部17 1ドル=70円台はもうない ■篠原 尚之 ドル高が揺さぶる「国際金融」 ■長谷川 克之18 円安 これから本格化する内外金利差の円売り ■唐鎌 大輔20 国力低下 米国の強力な利上げはまだ続く 円 [目次を見る]

デジタル紙面ビューアーで読む

おすすめ情報

編集部からのおすすめ

最新の注目記事