テクノロジー世界経済総予測 2021

半導体の覇権 中国が“国産化”で明暗 国営はピンチ、民間は自立へ=渡邉真理子

     現在のイノベーション(技術革新)の核心はデジタル化であり、それを物理的に支えるのが半導体である。この技術の主導権は現在、米国企業が握っている。さらには、米シリコンバレーの半導体産業は、中国の半導体産業とのバリューチェーン(価値の連鎖)を構築し、産業支援も続けてきた。いわば、中国の半導体やハイテク産業の「育ての親」の側面があった。民主党のオバマ政権下では、鉄鋼・アルミ産業の過剰生産能力やインターネット接続の制限を問題視しても、中国の半導体産業を敵視することはなかった。

     実際、半導体を巡る技術は、米中の協業の上に成り立っている。米半導体大手クアルコムの主な収入源は、中国の無数のスマートフォンブランドへの設計支援と半導体の供給である。

    残り2411文字(全文2730文字)

    週刊エコノミスト

    週刊エコノミストオンラインは、月額制の有料会員向けサービスです。
    有料会員になると、続きをお読みいただけます。

    ・会員限定の有料記事が読み放題
    ・1989年からの誌面掲載記事検索
    ・デジタル紙面で過去8号分のバックナンバーが読める

    通常価格 月額2,040円(税込)

    週刊エコノミスト最新号のご案内

    週刊エコノミスト最新号

    2月2日号

    ガソリン車ゼロ時代第1部 激変する自動車産業22 EVで出遅れる日本 市場奪取へ勝負の10年 ■市川 明代/白鳥 達哉26 図解・日本の雇用 製造から販売まで、2050年に80万人減も ■白鳥 達哉28 ガソリン車よりエコ! 生産から廃車まで、EVのCO2排出は少ない ■桜井 啓一郎31 インタビュ [目次を見る]

    デジタル紙面ビューアーで読む

    おすすめ情報

    最新の注目記事