マーケット・金融独眼経眼

米株式市場は金融相場から業績相場へ=渡辺浩志

 新型コロナウイルス禍でも、米国の主要株価指数は軒並み史上最高値圏にある。株価は1株当たり利益(EPS)と株価収益率(PER)からなるが、現在はEPSの回復が途半ばであるのに対し、PERが歴史的高水準にある。

 一般に、景気後退期に金融緩和で実質金利が下がり、PER主導で株高となることを「金融相場」と呼ぶ。一方、景気回復期にEPSが増加して起こる株高を「業績相場」と言う。

 コロナ禍以降は、政府が財政出動を行い、米連邦準備制度理事会(FRB)が増発された国債を買い取ることで、金利上昇を抑えてきた。最近の株高は、こうした財政ファイナンスによる実質金利の低下がPERを押し上げたことによるものであり、典型的な金融相場といえる(図1)。

残り761文字(全文1077文字)

週刊エコノミスト

週刊エコノミストオンラインは、月額制の有料会員向けサービスです。
有料会員になると、続きをお読みいただけます。

・会員限定の有料記事が読み放題
・1989年からの誌面掲載記事検索
・デジタル紙面で過去8号分のバックナンバーが読める

通常価格 月額2,040円(税込)

週刊エコノミスト最新号のご案内

週刊エコノミスト最新号

8月9日・16日合併号

世界経済 ’22年下期総予測第1部 世界経済&国際政治14 米国は景気後退「回避」も 世界が差し掛かる大転機 ■斎藤 信世/白鳥 達哉17 米ドル高 20年ぶり高値の「ドル指数」 特徴的な非資源国の通貨安 ■野地 慎18 米長短金利の逆転 過去6回はすべて景気後退 発生から平均で1年半後 ■市川 雅 [目次を見る]

デジタル紙面ビューアーで読む

おすすめ情報

編集部からのおすすめ

最新の注目記事