週刊エコノミスト Online闘論席

古賀茂明の闘論席

    撮影 小松雄介
    撮影 小松雄介

     経済産業省は2020年12月16日、12年から福島県沖で実施していた浮体式洋上風力発電の実証実験の民間への引き継ぎ断念と全設備撤去を表明した。この結果は私の予想どおりだった。その理由は、五つの「不純な動機」にある。

     まず、東京電力福島第1原発事故に対する地元住民の不満を和らげ、復興への期待を高めるためにシンボルとして利用したいという動機。事故の翌年に始まったことからもよく分かる。

     第二に、反原発運動の全国的な高まりに対して、自然エネルギー振興の姿勢を強く打ち出すことで、反原発運動家のご機嫌を取りたいという動機。

    残り564文字(全文823文字)

    週刊エコノミスト

    週刊エコノミストオンラインは、月額制の有料会員向けサービスです。
    有料会員になると、続きをお読みいただけます。

    ・会員限定の有料記事が読み放題
    ・1989年からの誌面掲載記事検索
    ・デジタル紙面で過去8号分のバックナンバーが読める

    通常価格 月額2,040円(税込)

    週刊エコノミスト最新号のご案内

    週刊エコノミスト最新号

    2月2日号

    ガソリン車ゼロ時代第1部 激変する自動車産業22 EVで出遅れる日本 市場奪取へ勝負の10年 ■市川 明代/白鳥 達哉26 図解・日本の雇用 製造から販売まで、2050年に80万人減も ■白鳥 達哉28 ガソリン車よりエコ! 生産から廃車まで、EVのCO2排出は少ない ■桜井 啓一郎31 インタビュ [目次を見る]

    デジタル紙面ビューアーで読む

    おすすめ情報

    最新の注目記事