週刊エコノミスト Online海外企業を買う

小鵬汽車 米国上場の中国新興EV=富岡浩司/320

     ◆XPeng

     小鵬汽車は中国で急成長する電気自動車(EV)の専業メーカーである。2015年1月の設立と歴史は非常に短い。中国の大手自動車メーカーの広州汽車集団の専門家が独立して設立し、その後、アリババから移籍して最高経営責任者(CEO)を務める何小鵬氏や、米系投資銀行から顧宏地・現副会長が相次いで入社して、現在の経営陣を形成している。

     現在の生産車種は18年12月に発売した小型SUV(スポーツ用多目的車)「G3」と、20年に投入したセダン「P7」の2車種のみだ。EVの販売好調を背景に、20年8月に米ニューヨーク証券取引所に上場し、株価の値動きは好調だ。

    残り2572文字(全文2852文字)

    週刊エコノミスト

    週刊エコノミストオンラインは、月額制の有料会員向けサービスです。
    有料会員になると、続きをお読みいただけます。

    ・会員限定の有料記事が読み放題
    ・1989年からの誌面掲載記事検索
    ・デジタル紙面で過去8号分のバックナンバーが読める

    通常価格 月額2,040円(税込)

    週刊エコノミスト最新号のご案内

    週刊エコノミスト最新号

    2月2日号

    ガソリン車ゼロ時代第1部 激変する自動車産業22 EVで出遅れる日本 市場奪取へ勝負の10年 ■市川 明代/白鳥 達哉26 図解・日本の雇用 製造から販売まで、2050年に80万人減も ■白鳥 達哉28 ガソリン車よりエコ! 生産から廃車まで、EVのCO2排出は少ない ■桜井 啓一郎31 インタビュ [目次を見る]

    デジタル紙面ビューアーで読む

    おすすめ情報

    最新の注目記事