国際・政治ワールドウオッチ

インド リモート引っ越し=尾久孝一

    実際のリモート引っ越しの様子 筆者撮影
    実際のリモート引っ越しの様子 筆者撮影

     現地医療体制や新型コロナウイルス感染拡大への不安などから、約6割の日本企業はインドから駐在員を全員帰国、または一部幹部層を除き大多数を日本に退避させる措置を講じた。

     退避した駐在員の中には、日本で赴任期間の満了を迎えた人もいる。インドから荷物を引き払わなければならないが、インドへの渡航は定期便の中止や減便に加え、日本への帰国後に14日間の隔離を求められることから難しい状況だ。

     そこで、最近生まれたのが「リモート引っ越し」である。引っ越し業者がインドの自宅を訪問し、家財を携帯で映し出しながら、日本に持ち帰るものや現地で廃棄するものなどに峻別(しゅんべつ)する。

    残り209文字(全文492文字)

    週刊エコノミスト

    週刊エコノミストオンラインは、月額制の有料会員向けサービスです。
    有料会員になると、続きをお読みいただけます。

    ・会員限定の有料記事が読み放題
    ・1989年からの誌面掲載記事検索
    ・デジタル紙面で過去8号分のバックナンバーが読める

    通常価格 月額2,040円(税込)

    週刊エコノミスト最新号のご案内

    週刊エコノミスト最新号

    3月16日号

    コロナ後に残る弁護士14 売り上げ大幅減の“マチ弁” 「デジタル」で分かれた明暗 ■岡田 英/加藤 結花17 情報発信、専門性に磨き 遠方からも稼ぐ法律事務所 ■加藤 結花18 ここまで進化 仕事にもつながる!弁護士のSNS活用術 ツイッター 大西洋一 大西総合法律事務所代表 ユーチューブ 藤吉修崇 [目次を見る]

    デジタル紙面ビューアーで読む

    おすすめ情報

    最新の注目記事