国際・政治ワールドウオッチ

スイス 「助け合いサービス」が好調=城倉ふみ

    オンラインで食品を購入する人が増加しているスイス (Bloomberg)
    オンラインで食品を購入する人が増加しているスイス (Bloomberg)

     新型コロナウイルス感染拡大による外出自粛で、オンラインで食品を購入する消費者が増加している。

     スイス最大の小売りチェーンであるミグロも、需要の高まりを受け、オンラインサービスの拡充に努めている。同社は約20年前からネット注文サイトを運営しているが、コロナ感染拡大後に注文が急増、一時は配達まで2週間程度かかった。そこでかつて実施していたオンライン配達サービス「AMIGOS」を復活させた。

     このサービスは、消費者同士の相互援助が特徴で、健康な人が外出困難者の代わりに買い物や配達を行う。16歳以上で、健康状態などの条件を満たせば誰でも配達員として登録できる。外出困難者が6000点以上の商品の中から必要なものをオンラインで注文すれば、マッチングされた近隣に住む配達員が地元の店舗で商品を購入し、利用者の玄関前に届ける。配達員には配達代金が振り込まれ、利用者は配達員に任意で電子チップを渡す…

    残り110文字(全文505文字)

    週刊エコノミスト

    週刊エコノミストオンラインは、月額制の有料会員向けサービスです。
    有料会員になると、続きをお読みいただけます。

    ・会員限定の有料記事が読み放題
    ・1989年からの誌面掲載記事検索
    ・デジタル紙面で過去8号分のバックナンバーが読める

    通常価格 月額2,040円(税込)

    週刊エコノミスト最新号のご案内

    週刊エコノミスト最新号

    3月16日号

    コロナ後に残る弁護士14 売り上げ大幅減の“マチ弁” 「デジタル」で分かれた明暗 ■岡田 英/加藤 結花17 情報発信、専門性に磨き 遠方からも稼ぐ法律事務所 ■加藤 結花18 ここまで進化 仕事にもつながる!弁護士のSNS活用術 ツイッター 大西洋一 大西総合法律事務所代表 ユーチューブ 藤吉修崇 [目次を見る]

    デジタル紙面ビューアーで読む

    おすすめ情報

    最新の注目記事