週刊エコノミスト Online闘論席

池谷裕二の闘論席

    撮影 中村琢磨
    撮影 中村琢磨

     新型コロナウイルスの感染拡大から1年がたった。当初の収束の予測時期を超え、現在でも猛威を振るっている。これほどの感染規模になれば収束を期待するのは無意味で、逆に、いずれ全員に感染すると考えるのがまっとうな見通しだろう。過去、コロナウイルスのいくつかはそうした経緯をたどった。

     典型的な例は19世紀後半に世界的に流行したコロナウイルスOC43だ。人類が初めて経験したコロナウイルスによるパンデミックと目される。当時の記録によれば、世界で100万人が死亡し、重症患者は高齢者に多かった。新型コロナウイルスと似ている。気になるのはその後の経緯だろう。

     OC43は何度も感染の拡大と縮小を繰り返した。しかし当初4%ほどあった死亡率は年々低下し、現在では毎冬に流行する「ただの風邪」となった。私たち成人の90%以上がOC43に対する抗体を持っている。

    残り431文字(全文802文字)

    週刊エコノミスト

    週刊エコノミストオンラインは、月額制の有料会員向けサービスです。
    有料会員になると、続きをお読みいただけます。

    ・会員限定の有料記事が読み放題
    ・1989年からの誌面掲載記事検索
    ・デジタル紙面で過去8号分のバックナンバーが読める

    通常価格 月額2,040円(税込)

    週刊エコノミスト最新号のご案内

    週刊エコノミスト最新号

    3月2日号

    急成長! 水素 電池 アンモニア20 参入続々、実験着々 空前の水素ブーム ■種市 房子23 水素1 水電解装置 “グリーン水素”の大量製造時代へ 世界で400超のプロジェクト ■中園 敦二24 図解で知る1 アンモニアは1兆円市場へ ■和田 肇26 図解で知る2 全固体電池が来る! ■中園 敦二2 [目次を見る]

    デジタル紙面ビューアーで読む

    おすすめ情報

    最新の注目記事