週刊エコノミスト Online闘論席

片山杜秀の闘論席

    撮影 中村琢磨
    撮影 中村琢磨

     北昤吉(れいきち)という人がいた。北一輝の弟である。兄は武力による国家改造を策し、2・26事件で刑死したが、弟は、言論人として、ついで国会議員として、合法的な政治改革を目指した。1930年代の日本で強力政治の実現を叫んだ。

     強力政治とは、今の言葉でいうと、官邸主導の「決められる政治」である。明治憲法体制下の日本では政治の力が分散しがちだった。官庁のタテ割りはきつく、首相の権限は内閣の調整役に過ぎない。議院内閣制ではなかったから、議会と内閣の意思も分裂しがちだ。陸海軍という内閣や議会の統制の及ばない巨大組織もある。それでは満州事変以降の非常時を乗り切れるわけがない。北昤吉が強力政治の必要性を訴えたゆえんである。

     だが、やがて彼の考え方は変わる。日本人は出るくいを打つ生き物だと言う。タテ割りを打破して上から統制しようとすると、かえって官庁それぞれの仕事の効率が落ちる。誇りを失い、やる気がそがれるからである。ゆえに強力政治はこの国に向かない。日本人にふさわしいのは職域奉公の思想だ。軍隊も大蔵省も外務省も厚生省も、おのおのの縄張りに徹し、よそを忖度(そんたく)せず、我を貫くと結果オーライになる。日本はそういう…

    残り312文字(全文821文字)

    週刊エコノミスト

    週刊エコノミストオンラインは、月額制の有料会員向けサービスです。
    有料会員になると、続きをお読みいただけます。

    ・会員限定の有料記事が読み放題
    ・1989年からの誌面掲載記事検索
    ・デジタル紙面で過去8号分のバックナンバーが読める

    通常価格 月額2,040円(税込)

    週刊エコノミスト最新号のご案内

    週刊エコノミスト最新号

    3月16日号

    コロナ後に残る弁護士14 売り上げ大幅減の“マチ弁” 「デジタル」で分かれた明暗 ■岡田 英/加藤 結花17 情報発信、専門性に磨き 遠方からも稼ぐ法律事務所 ■加藤 結花18 ここまで進化 仕事にもつながる!弁護士のSNS活用術 ツイッター 大西洋一 大西総合法律事務所代表 ユーチューブ 藤吉修崇 [目次を見る]

    デジタル紙面ビューアーで読む

    おすすめ情報

    最新の注目記事