週刊エコノミスト Online闘論席

古賀茂明の闘論席

撮影 中村琢磨
撮影 中村琢磨

 菅義偉首相の長男正剛氏と総務省幹部の接待疑惑。巷(ちまた)の議論とは違う視点で考えた。

 まず、接待禁止の対象が「利害関係者」に限定されていることに違和感がある。利害関係者による接待だけが国民の疑惑を呼ぶのか。所管外でも企業が官僚を接待すれば、国民は、何か見返りがあると疑う。利害関係者でなくとも企業による接待は禁止すべきだ。

 企業からの情報収集に宴会が必要という議論もおかしい。昼間に酒なしの会議で話せないこととは、いかがわしい陳情か、秘密情報を官僚に漏えいさせることだろうと、国民は疑う。

残り603文字(全文849文字)

週刊エコノミスト

週刊エコノミストオンラインは、月額制の有料会員向けサービスです。
有料会員になると、続きをお読みいただけます。

・会員限定の有料記事が読み放題
・1989年からの誌面掲載記事検索
・デジタル紙面で過去8号分のバックナンバーが読める

通常価格 月額2,040円(税込)

週刊エコノミスト最新号のご案内

週刊エコノミスト最新号

2月7日号

賃上げサバイバル16 大企業中心の賃上げブーム 中小の7割は「予定なし」 ■村田 晋一郎19 インタビュー 後藤茂之 経済再生担当大臣 賃上げは生産性向上と一体 非正規雇用の正社員化を支援20 「賃上げ」の真実 正社員中心主義脱却へ ■水町 勇一郎22 賃上げの処方箋 「物価・賃金は上がるもの」へ意 [目次を見る]

デジタル紙面ビューアーで読む

おすすめ情報

編集部からのおすすめ

最新の注目記事