週刊エコノミスト Online闘論席

コロナ脳のマスコミが無視する「自殺率急増」という不都合な真実(小林よしのり)

    撮影 中村琢磨
    撮影 中村琢磨

    日本国内で初めて新型コロナ感染者が確認されたのは昨年1月16日。新コロは「上陸1年」を迎えた。

    マスコミは今も新コロの感染者(正確には陽性者)と死者の数をこの日からの「累計」で報じ続けているが、それはおかしい。

    1年たったのだから「年間」の数字を確定させ、それ以降は「2年目」の数字として別に集計しなければ、インフルエンザなどとの正確な比較ができなくなってしまう。

    今回確定した、日本の新コロ年間感染者数は31万3844人、死者4379人だ。

    インフルエンザの年間推計患者数約1000万人、間接死込みの死者数約1万人に比べて、あまりにも少ない。

    しかもインフルは症状が出て医療機関を受診した「患者数」であるのに対して、新コロの「感染者」は検査を拡大できるだけ拡大し、無症状者まで徹底的にあぶり出した数字で、死者も「死因を問わず」死亡時に検査陽性であれば全て「コロナ死」に計上しており、水増しに水増しを重ねた数字なのに、それでもインフルとは比較にならないほど少ないのだ。

    その一方で、恐るべきニュースがあった。東京都健康長寿医療センターなどの調査によると、昨年7月から10月までのいわゆる「第2波」の間、自殺率が前年同期比で16%増加。特に女性は37%の増加で男性の5倍、20歳未満の子供は49%も増えたという。

    新型コロナウイルス感染症では、いまだに20歳未満の子供は一人も死んでいないのに、子供の自殺率は49%も上昇していたのである!

    いわゆる「コロナ禍」とは「ウイルス禍」ではなく、殊更に恐怖をあおり立てた「マスコミ禍」「専門家禍」であり、定見もなくこれに流された「政治禍」だったことが、これだけでも明らかである。

    (小林よしのり・漫画家)

    (本誌初出 小林よしのりの闘論席 20210209)


     本欄は、池谷裕二(脳研究者)、片山杜秀(評論家)、小林よしのり(漫画家)、古賀茂明(元経済産業省官僚)の4氏が交代で執筆します。

    インタビュー

    週刊エコノミスト最新号のご案内

    週刊エコノミスト最新号

    9月21日・28日合併号

    変わる!マンション管理14 管理を評価する新制度 来春開始で資産価値左右 ■中園 敦二/和田 肇17 “廃虚”マンション 滋賀県野洲市が公費解体も7割未回収 ■編集部19 インタビュー 岡本潮 マンション管理業協会理事長 東急コミュニティー特別顧問 「ランクで火災保険料に差が付くようにしたい」20 [目次を見る]

    デジタル紙面ビューアーで読む

    おすすめ情報

    最新の注目記事