経済・企業株高・日本経済の大解剖

天宮一輝 川甚社長 閉店は自分の力不足

     閉店を決めたのは昨年12月。12月20日に従業員に頭を下げ、閉店を説明した。閉める決断は、コロナが原因の一つだが、経営者としての私の力不足だ。コロナで閉店と言われるのは嫌だ。コロナ以外にも天災はある。もっと蓄えがあれば、耐えられていた。耐えられるだけの力が私になかった。

     政府の雇用調整助成金などの支援には、本当に感謝している。それでも売り上げをカバーするのは到底無理だった。先行きのシミュレーションをしてみても、良くなる未来が描けなかった。コロナ後まで頑張ったとしても売り上げが回復しないことには、借りたお金は返せない。それなら、ある程度余力があるうちに自分の力でクローズし…

    残り435文字(全文724文字)

    週刊エコノミスト

    週刊エコノミストオンラインは、月額制の有料会員向けサービスです。
    有料会員になると、続きをお読みいただけます。

    ・会員限定の有料記事が読み放題
    ・1989年からの誌面掲載記事検索
    ・デジタル紙面で過去8号分のバックナンバーが読める

    通常価格 月額2,040円(税込)

    週刊エコノミスト最新号のご案内

    週刊エコノミスト最新号

    4月20日号

    バブル前夜 金利上昇の恐怖16 バフェットが日本株買い増し 成長株から割安株へシフト ■編集部20 ITバブル再来 年末3万5000円の「新技術バブル」 ■平川 昇二24 高まるバブル懸念 パウエル流の金融緩和継続に FRBは一枚岩ではない ■鈴木 敏之27 アンケート1 2022年の日米成長率と米 [目次を見る]

    デジタル紙面ビューアーで読む

    おすすめ情報

    最新の注目記事