経済・企業株高・日本経済の大解剖

インタビュー 川本恭治 城南信用金庫理事 「なんとしても支える」 地道な支援が収益を生む

     時短営業に苦しむ飲食店を独自ネットワークを活用して懸命に支える信金トップに現状と今後の展望を聞いた。

    (聞き手=斎藤信世・編集部)

     1回目の緊急事態宣言の時は、全業種に影響が及んだが、今回は飲食店に集中している。東京都は当初、20時までの時短営業を要請していたが、西村康稔経済再生担当相が昼間の外出についても自粛するように呼びかけてからは、「いつ店を開ければいいのか」と悲鳴の声が上がった。中には「もう心が折れた」という人もいる。

     我々が、なんとしても支えなければいけない。今は外食が難しいので、生き残るにはテークアウトや配達を強化するしかない。よくある相談はテークアウトを始めたが、宣伝方法が分からないというもの。

    残り686文字(全文994文字)

    週刊エコノミスト

    週刊エコノミストオンラインは、月額制の有料会員向けサービスです。
    有料会員になると、続きをお読みいただけます。

    ・会員限定の有料記事が読み放題
    ・1989年からの誌面掲載記事検索
    ・デジタル紙面で過去8号分のバックナンバーが読める

    通常価格 月額2,040円(税込)

    週刊エコノミスト最新号のご案内

    週刊エコノミスト最新号

    3月2日号

    急成長! 水素 電池 アンモニア20 参入続々、実験着々 空前の水素ブーム ■種市 房子23 水素1 水電解装置 “グリーン水素”の大量製造時代へ 世界で400超のプロジェクト ■中園 敦二24 図解で知る1 アンモニアは1兆円市場へ ■和田 肇26 図解で知る2 全固体電池が来る! ■中園 敦二2 [目次を見る]

    デジタル紙面ビューアーで読む

    おすすめ情報

    最新の注目記事