マーケット・金融独眼経眼

マネーが滞留すれば成長率が下振れる=愛宕伸康

     1月26日に国際通貨基金(IMF)の世界経済見通しが改訂され、米国の2021年実質GDP成長率が前回見通し(20年10月)から2%上振れ、5・1%となった。米議会予算局(CBO)も2月2日に新しい見通しを発表し、成長率を4・6%とした。

     昨年12月の新型コロナウイルス対策が成長率を押し上げた格好だが、バイデン大統領率いる新政権でも1・9兆ドル(約200兆円)の追加対策をもくろむ。共和党の抵抗で満額実施が難しくても、更に成長率見通しを押し上げるだろう。市場では追加対策込みで6%台を予想する声が多いが、実際には昨年12月分を含め対策効果の不確実性は高い。

     現金給付などの対策が打たれても、コロナ禍で人の移動が制限されれば、その多くが貯蓄として積み上がるだけで、期待された消費押し上げ効果は得られない。政策効果の大きさは、ワクチン接種の進捗(しんちょく)などによってどれだけ通常の消費活動が戻るかにかかっている。戻れば相当高い成長率になるのは間違いないが、戻らなければ大きく下振れる可能性もある。

    残り609文字(全文1058文字)

    週刊エコノミスト

    週刊エコノミストオンラインは、月額制の有料会員向けサービスです。
    有料会員になると、続きをお読みいただけます。

    ・会員限定の有料記事が読み放題
    ・1989年からの誌面掲載記事検索
    ・デジタル紙面で過去8号分のバックナンバーが読める

    通常価格 月額2,040円(税込)

    週刊エコノミスト最新号のご案内

    週刊エコノミスト最新号

    3月2日号

    急成長! 水素 電池 アンモニア20 参入続々、実験着々 空前の水素ブーム ■種市 房子23 水素1 水電解装置 “グリーン水素”の大量製造時代へ 世界で400超のプロジェクト ■中園 敦二24 図解で知る1 アンモニアは1兆円市場へ ■和田 肇26 図解で知る2 全固体電池が来る! ■中園 敦二2 [目次を見る]

    デジタル紙面ビューアーで読む

    おすすめ情報

    最新の注目記事