週刊エコノミスト Online学者が斬る・視点争点

50%円安でも届かぬ物価目標=吉田裕司

    望みはコロナ後への「期待」

     各国で新型コロナウイルスのワクチン接種が進み、日本でも春先には開始されそうな展開だ。これを踏まえ、2021年度の日本経済や世界経済は、どのように予測するべきなのか。この「予測」とは、経済学では人々の「将来への期待」を意味する。今回は、日本のインフレ率の予測、つまり「期待インフレ率」について、さまざまな視点で考えたい。

     現在の日本はデフレを含む長期の低インフレ下にある。日本銀行が金融政策として年率2%のインフレ率を目標とするインフレターゲティングを13年4月に掲げてから、8年近くが過ぎようとしているが、一度も目標を達成できていない。原因はどこにあるのか。

    残り2236文字(全文2529文字)

    週刊エコノミスト

    週刊エコノミストオンラインは、月額制の有料会員向けサービスです。
    有料会員になると、続きをお読みいただけます。

    ・会員限定の有料記事が読み放題
    ・1989年からの誌面掲載記事検索
    ・デジタル紙面で過去8号分のバックナンバーが読める

    通常価格 月額2,040円(税込)

    週刊エコノミスト最新号のご案内

    週刊エコノミスト最新号

    5月25日号

    狙える不動産14 大手から個人まで 沸騰! 不動産投資 ■中園 敦二16 不動産CFの注意点 事業者の信用力や目利き力を要確認 ■成本 治男18 J─REIT 手堅くいくなら物流と住居系 ■関 大介21 インタビュー 唐池恒二 JR九州会長 「REIT参入で不動産事業拡大 貸倉庫・貸物流拠点も展開す [目次を見る]

    デジタル紙面ビューアーで読む

    おすすめ情報

    最新の注目記事