経済・企業最強の米国株&経済

「知価大国」 巨大IT企業を生んだ圧倒的な無形資産投資=諸富徹

 新型コロナウイルス禍にもかかわらず、グーグルなど巨大IT企業4社(GAFA)はいずれも2020年10〜12月期決算で、過去最高の売上高と最終利益をたたき出した。知財の固まりである製薬会社、電気自動車(EV)と自動運転で成長するテスラ、外出制限下で一時業績が落ち込んだエアビーアンドビーやウーバーでさえも、株価は上昇基調にある。共通するのは「無形資産」を作り出す企業であるという点だ。

 実際、20年の無形資産価値総額の上位企業を見てみると、アップル、アマゾン、サウジアラムコ、マイクロソフト、アルファベット……と、まさに無形資産こそが現代企業の競争力の源泉であることを示唆している。

残り928文字(全文1219文字)

週刊エコノミスト

週刊エコノミストオンラインは、月額制の有料会員向けサービスです。
有料会員になると、続きをお読みいただけます。

・会員限定の有料記事が読み放題
・1989年からの誌面掲載記事検索
・デジタル紙面で過去8号分のバックナンバーが読める

通常価格 月額2,040円(税込)

週刊エコノミスト最新号のご案内

週刊エコノミスト最新号

1月31日号

NISA徹底活用術14 1からわかる 新旧NISAの使い方 ■深野 康彦16 新NISA 無期限に非課税枠を拡大18 60、70代の戦略 手堅く配当金狙い生活費の一部に20 NISAで狙う1 デフレマインドを大きく転換 巨額資本は日本株に向かう ■武者 陵司23 NISAで狙う2 投資の基本戦略は変 [目次を見る]

デジタル紙面ビューアーで読む

おすすめ情報

編集部からのおすすめ

最新の注目記事