経済・企業最強の米国株&経済

まだある注目銘柄 身近なアップル、ディズニー 国策銘柄にテスラやネクステラ=佐藤一樹

テスラのモデル3 (Bloomberg)
テスラのモデル3 (Bloomberg)

「国策に売りなし」という相場の格言がある。バイデン大統領は4年間で2兆ドルもの巨額の資金を電気自動車(EV)と再生エネルギーのインフラ投資に投じると公約した。投資家の注目度が高いのはテスラだ。世界最大のEV市場の中国でも現地生産の「モデル3」を出荷し、1台当たり約25万元(約390万円)と中間層でも手の届く金額で、中国市場シェア2割超、地元企業を抜いてトップに立つ。

 自動車の電源システムは、電子製品の増加に伴い高電圧化が進む。アプティブは、ハイブリッド車(HV)やEVの普及に伴い、高電圧対応の配電システムの売上高を伸ばしている。

残り2920文字(全文3187文字)

週刊エコノミスト

週刊エコノミストオンラインは、月額制の有料会員向けサービスです。
有料会員になると、続きをお読みいただけます。

・会員限定の有料記事が読み放題
・1989年からの誌面掲載記事検索
・デジタル紙面で過去8号分のバックナンバーが読める

通常価格 月額2,040円(税込)

週刊エコノミスト最新号のご案内

週刊エコノミスト最新号

1月31日号

NISA徹底活用術14 1からわかる 新旧NISAの使い方 ■深野 康彦16 新NISA 無期限に非課税枠を拡大18 60、70代の戦略 手堅く配当金狙い生活費の一部に20 NISAで狙う1 デフレマインドを大きく転換 巨額資本は日本株に向かう ■武者 陵司23 NISAで狙う2 投資の基本戦略は変 [目次を見る]

デジタル紙面ビューアーで読む

おすすめ情報

編集部からのおすすめ

最新の注目記事