テクノロジー半導体 空前の特需

半導体材料 EUV露光の本格導入 東洋合成、東京応化、JSR=広木功

    東洋合成工業の感光性材料。フォトレジストのもとになる(東洋合成工業提供)
    東洋合成工業の感光性材料。フォトレジストのもとになる(東洋合成工業提供)

     半導体市場の活況をうけて、半導体製造用部材も旺盛な需要が続いている。けん引役は5G(第5世代移動通信規格)スマートフォンやゲーム機器、パソコン(PC)、サーバーなどに搭載される最先端半導体向け材料であるが、併せて「レガシー材料(従来品)」も売れ行きが伸びている。これはモノのインターネット(IoT)や自動車向けにセンサーなどの市場が広がっていることが大きい。

     これから電気自動車(EV)をはじめとする電動化が進めばレガシー材料の市場はさらに拡大する。自動運転支援装置(ADAS)や5G通信機能搭載の新型自動車の普及は半導体業界にとって巨大市場の誕生といえる。

    残り1943文字(全文2223文字)

    週刊エコノミスト

    週刊エコノミストオンラインは、月額制の有料会員向けサービスです。
    有料会員になると、続きをお読みいただけます。

    ・会員限定の有料記事が読み放題
    ・1989年からの誌面掲載記事検索
    ・デジタル紙面で過去8号分のバックナンバーが読める

    通常価格 月額2,040円(税込)

    週刊エコノミスト最新号のご案内

    週刊エコノミスト最新号

    4月27日号

    未来産業の本命 新エネ、DX、デジタル通貨第1部 エネルギーとデジタルが生む革新14 脱炭素の大開拓時代 革命は日本から始まる ■浜田 健太郎/村田 晋一郎16 新エネ(1) 洋上風力 潜在力は原発500基分 ■宗 敦司19 (2) 送配電 「直流送電」で再エネ普及へ ■南野 彰24 (3) 蓄電池 [目次を見る]

    デジタル紙面ビューアーで読む

    おすすめ情報

    最新の注目記事