経済・企業半導体 空前の特需

起死回生 ソニー、ルネサス、キオクシア、ローム 四天王の戦略解剖=若林秀樹

     現在1桁台まで世界シェアが落ち込んだ日本半導体だが、NAND型フラッシュメモリー、センサー、パワー半導体では、依然国際競争力を保っている。世界市場は2021年に50兆円超と見込まれ、新たな成長段階に入る。特に、自動車関連などでは、パワーやアナログ半導体、センサーが大きく伸び、追い風だ。

     しかし、先端ロジック分野の製造を台湾のファウンドリー(受託製造事業者)に依存した状況は、米中摩擦の中で、地政学的リスクも考えると、自社工場を持たない米国のファブレス企業や、半導体搭載が増える自動車産業にとっても問題である。国家安全保障の観点からも、中国や台湾への過度の依存を減ずるためサプライチェーン再編を急ぐ米国の期待の中、産官学が協力して、日本国内にも本格的なファウンドリーを構築すべきだ。

    残り3308文字(全文3650文字)

    週刊エコノミスト

    週刊エコノミストオンラインは、月額制の有料会員向けサービスです。
    有料会員になると、続きをお読みいただけます。

    ・会員限定の有料記事が読み放題
    ・1989年からの誌面掲載記事検索
    ・デジタル紙面で過去8号分のバックナンバーが読める

    通常価格 月額2,040円(税込)

    週刊エコノミスト最新号のご案内

    週刊エコノミスト最新号

    4月27日号

    未来産業の本命 新エネ、DX、デジタル通貨第1部 エネルギーとデジタルが生む革新14 脱炭素の大開拓時代 革命は日本から始まる ■浜田 健太郎/村田 晋一郎16 新エネ(1) 洋上風力 潜在力は原発500基分 ■宗 敦司19 (2) 送配電 「直流送電」で再エネ普及へ ■南野 彰24 (3) 蓄電池 [目次を見る]

    デジタル紙面ビューアーで読む

    おすすめ情報

    最新の注目記事