経済・企業半導体 空前の特需

インタビュー 小池淳義 ウエスタン・デジタル日本法人社長

    ウエスタン・デジタル日本法人提供
    ウエスタン・デジタル日本法人提供

    日本に半導体製造を残すには外国企業との合弁がベストだ

     かつては日本にもファウンドリー(半導体製造受託)ビジネスの機運があった。そのキーマンである米ウエスタン・デジタル日本法人のトップ・小池淳義氏に当時の事情と今後の展望を聞いた。

    (聞き手=村田晋一郎/浜田健太郎・編集部)

    ── 日本のファウンドリービジネスとして、小池さんが立ち上げたトレセンティテクノロジーズが期待されていた。

    ■2000年に日立製作所と台湾UMCとの合弁でトレセンティテクノロジーズを設立した。その頃、台湾のTSMCやUMCが台頭し、半導体ビジネスは一貫生産からファブレス│ファウンドリーのビジネスモデルに移行するとの直感があった。日本にもファウンドリーが必要で、日本のものづくりを結集し、技術革新を起こせば、成功できると思った。ただし、立ち上げには約1000億円の初期投資が必要で、当時は日立単独では難しかっ…

    残り1229文字(全文1617文字)

    週刊エコノミスト

    週刊エコノミストオンラインは、月額制の有料会員向けサービスです。
    有料会員になると、続きをお読みいただけます。

    ・会員限定の有料記事が読み放題
    ・1989年からの誌面掲載記事検索
    ・デジタル紙面で過去8号分のバックナンバーが読める

    通常価格 月額2,040円(税込)

    週刊エコノミスト最新号のご案内

    週刊エコノミスト最新号

    10月5日号

    安い日本 超円安時代16 外食、賃金、学費 安売り大国を覆う不安 ■浜田 健太郎/加藤 結花18 インタビュー 渡辺努 東京大学大学院教授 「物価上昇にカルテルの一時容認を」19 1ドル=360円時代 急増する対外直接投資と環流しない企業利益 ■佐々木 融22 パラダイム転換 1ドル=120円常態化 [目次を見る]

    デジタル紙面ビューアーで読む

    おすすめ情報

    最新の注目記事