教養・歴史アートな時間

舞台 四月大歌舞伎 絵本太功記 尼ケ崎閑居の場=小玉祥子

中村芝翫の武智光秀 松竹提供
中村芝翫の武智光秀 松竹提供

母と息子の死に武将が大泣き 見せ場の多い人気演目を堪能

 明智光秀が織田信長を討った「本能寺の変」を題材にした「絵本太功記(たいこうき)」の人気場面で、「太功記十段目」と通称される「尼ケ崎閑居の場」が東京・歌舞伎座の「四月大歌舞伎」第二部で上演される。主人公の武智(明智)光秀を中村芝翫(しかん)が演じる。

 光秀の母皐月(さつき)は、息子が主君小田春永(織田信長)を討ったことを恥じて播磨(はりま)国(兵庫県)尼ケ崎の庵(いおり)に引きこもった。光秀の妻操は皐月を案じ、嫡男十次郎とその婚約者初菊(はつぎく)と共に庵を訪ねた。十次郎は母と祖母が見守る中、初菊とささやかな祝言をあげて光秀と真柴久吉(羽柴秀吉)の戦いに出陣する。庵に一夜の宿を求めた旅の僧が風呂が沸いたことを皐月に告げ、皐月は僧に先に風呂に入…

残り965文字(全文1317文字)

週刊エコノミスト

週刊エコノミストオンラインは、月額制の有料会員向けサービスです。
有料会員になると、続きをお読みいただけます。

・会員限定の有料記事が読み放題
・1989年からの誌面掲載記事検索
・デジタル紙面で過去8号分のバックナンバーが読める

通常価格 月額2,040円(税込)

週刊エコノミスト最新号のご案内

週刊エコノミスト最新号

10月11日号

止まらない円安 24年ぶり介入第1部 市場の攻防15 亡国の円買い介入 財政破綻を早める ■編集部17 1ドル=70円台はもうない ■篠原 尚之 ドル高が揺さぶる「国際金融」 ■長谷川 克之18 円安 これから本格化する内外金利差の円売り ■唐鎌 大輔20 国力低下 米国の強力な利上げはまだ続く 円 [目次を見る]

デジタル紙面ビューアーで読む

おすすめ情報

編集部からのおすすめ

最新の注目記事