経済・企業独眼経眼

製造業活況が招く物価上昇リスク=藤代宏一

     世界的に製造業が活況を呈している。

     日本も例外ではない。3月の製造業PMI(購買担当者景気指数、速報値)は、新型コロナウイルス禍の発生以降で最高を更新した。緊急事態宣言下で閑散とした街の様子からは想像もできないような、上向きのカーブを描いている。

     ドイツ、米国の製造業PMIはそれ以上の強さを見せる。ドイツのPMIは1997年の統計開始以来最高を更新、米国も最高付近にある。

     主たる要因は、(1)世界的な自動車販売の回復、(2)5G(第5世代移動通信システム)関連投資や在宅勤務の浸透が喚起したIT関連財需要の高まり、(3)設備投資の復調──の三つだ。

    残り775文字(全文1052文字)

    週刊エコノミスト

    週刊エコノミストオンラインは、月額制の有料会員向けサービスです。
    有料会員になると、続きをお読みいただけます。

    ・会員限定の有料記事が読み放題
    ・1989年からの誌面掲載記事検索
    ・デジタル紙面で過去8号分のバックナンバーが読める

    通常価格 月額2,040円(税込)

    週刊エコノミスト最新号のご案内

    週刊エコノミスト最新号

    4月20日号

    バブル前夜 金利上昇の恐怖16 バフェットが日本株買い増し 成長株から割安株へシフト ■編集部20 ITバブル再来 年末3万5000円の「新技術バブル」 ■平川 昇二24 高まるバブル懸念 パウエル流の金融緩和継続に FRBは一枚岩ではない ■鈴木 敏之27 アンケート1 2022年の日米成長率と米 [目次を見る]

    デジタル紙面ビューアーで読む

    おすすめ情報

    最新の注目記事