教養・歴史小川仁志の哲学でスッキリ問題解決

SNSのフォロワー数を増やすことに躍起になっていますが、いけないでしょうか/78

     Q SNSのフォロワー数を増やすことに躍起になっていますが、いけないでしょうか

     A 人は「接触恐怖」を逃れるため、群衆化を目指す本能がある。その悪用には警戒しよう

     コロナ禍で人と会う機会が減ったからか、自分も含め、周りも気がつくと、SNS(交流サイト)のフォロワー数を増やすことに躍起になっているような気がします。人と比べて少ないと不安になるのですが、いけないことでしょうか?(造園業経営・30代男性)

     実は私も同様の不安を抱くことがあります。SNS上のフォロワーや仲間は、本当の友達ではないことはよくわかっているのですが、だからこそ人数が少ないと不安になるのかもしれません。本当の友達なら人数が問題ではないことくらいよくわかっていますから。

    残り1037文字(全文1359文字)

    週刊エコノミスト

    週刊エコノミストオンラインは、月額制の有料会員向けサービスです。
    有料会員になると、続きをお読みいただけます。

    ・会員限定の有料記事が読み放題
    ・1989年からの誌面掲載記事検索
    ・デジタル紙面で過去8号分のバックナンバーが読める

    通常価格 月額2,040円(税込)

    週刊エコノミスト最新号のご案内

    週刊エコノミスト最新号

    5月18日号

    固定資産税に気を付けろ!16 コロナで税額据え置きに 知識を蓄えて自己防衛を ■編集部19 課税明細書を理解するチェックポイント3 ■編集部/監修=古郡 寛22 取られすぎ! 実例に学ぶ課税ミス 大阪市は71億円返還へ ■編集部25 過徴収分の返還は? 地方税法の時効は5年でも 自治体によっては「2 [目次を見る]

    デジタル紙面ビューアーで読む

    おすすめ情報

    最新の注目記事