週刊エコノミスト Onlineいま学ぶ!渋沢資本主義

「近代化の父」が韓国に残した禍根=片桐庸夫/9

韓国で発行された第一銀行券(旧1円券、明治35年式)には頭取である渋沢の顔があった 日本銀行貨幣博物館所蔵
韓国で発行された第一銀行券(旧1円券、明治35年式)には頭取である渋沢の顔があった 日本銀行貨幣博物館所蔵

 日本の財務省が2019年に渋沢栄一を新1万円札の顔とすると発表した時、朝鮮半島で批判の声が上がった。

 渋沢が創設し、頭取を務めた「第一銀行」が1902(明治35)年に日本円との兌換(だかん)券を、韓国(1897年に高宗が国号を「大韓帝国」に改称する以前を「朝鮮」、以後を「韓国」と呼ぶ)で発行し、そこに渋沢の顔を採用したことから、韓国では渋沢が長く「反日のシンボル」と位置付けられていたからだ。

 当時の渋沢は、そのような事態を夢にも思わなかっただろう。第一銀行が発行するから、そのトップの顔を用いるという成り行きに従ったに過ぎず、こだわりはなかったと考えられる。

残り2303文字(全文2585文字)

週刊エコノミスト

週刊エコノミストオンラインは、月額制の有料会員向けサービスです。
有料会員になると、続きをお読みいただけます。

・会員限定の有料記事が読み放題
・1989年からの誌面掲載記事検索
・デジタル紙面で過去8号分のバックナンバーが読める

通常価格 月額2,040円(税込)

週刊エコノミスト最新号のご案内

週刊エコノミスト最新号

2月7日号

賃上げサバイバル16 大企業中心の賃上げブーム 中小の7割は「予定なし」 ■村田 晋一郎19 インタビュー 後藤茂之 経済再生担当大臣 賃上げは生産性向上と一体 非正規雇用の正社員化を支援20 「賃上げ」の真実 正社員中心主義脱却へ ■水町 勇一郎22 賃上げの処方箋 「物価・賃金は上がるもの」へ意 [目次を見る]

デジタル紙面ビューアーで読む

おすすめ情報

編集部からのおすすめ

最新の注目記事