教養・歴史いま学ぶ!渋沢資本主義

目に見えない企業価値を築く=新浪剛史/8

    渋沢は幕府使節団随行員としてフランス・マルセイユで記念写真を撮った。最初はまげを結っていた。 渋沢史料館提供
    渋沢は幕府使節団随行員としてフランス・マルセイユで記念写真を撮った。最初はまげを結っていた。 渋沢史料館提供

     2002年5月、43歳でローソン社長に就任した。社外から来た社長が信頼を得るためには、すぐに業績面での成果を上げなければならない。ただ、株価をにらんで短期的に収益を上げられたとしても、継続的に事業が成長できない状態になってしまってはいけない。そういったジレンマの中で出会ったのが「渋沢栄一」だった。

     知人で渋沢の玄孫(やしゃご)に当たる渋沢健氏(コモンズ投信会長)と渋沢関連著書もある作家の守屋淳氏らが集まって、渋沢が講演で語った経営思想を1冊にまとめた書籍『論語と算盤(そろばん)』を読む会を開いていた。3年ほど勉強し、渋沢健氏とは企業経営の実体験に基づいた議論を重ね、守屋氏からは論語を中心に漢籍を学んだ。

    残り2057文字(全文2363文字)

    週刊エコノミスト

    週刊エコノミストオンラインは、月額制の有料会員向けサービスです。
    有料会員になると、続きをお読みいただけます。

    ・会員限定の有料記事が読み放題
    ・1989年からの誌面掲載記事検索
    ・デジタル紙面で過去8号分のバックナンバーが読める

    通常価格 月額2,040円(税込)

    週刊エコノミスト最新号のご案内

    週刊エコノミスト最新号

    5月18日号

    固定資産税に気を付けろ!16 コロナで税額据え置きに 知識を蓄えて自己防衛を ■編集部19 課税明細書を理解するチェックポイント3 ■編集部/監修=古郡 寛22 取られすぎ! 実例に学ぶ課税ミス 大阪市は71億円返還へ ■編集部25 過徴収分の返還は? 地方税法の時効は5年でも 自治体によっては「2 [目次を見る]

    デジタル紙面ビューアーで読む

    おすすめ情報

    最新の注目記事