教養・歴史いま学ぶ!渋沢資本主義

民間だからできる平和経済外交=木村昌人/7 

 20世紀に入って「国際社会の一員としての日本」という認識が求められていた。渋沢栄一は1902(明治35)年に東京商業会議所(現東京商工会議所)の会頭として、初の訪米と欧州を再訪。日本の経済や商業道徳への評価が欧米で低いことを思い知らされた。国際社会で日本はどのように評価され、その平和と安定のためにどのような行動をとればよいのか考えるようになった。欧州に比べて急速に力をつける米国のダイナミックな動きに感銘を受け、米国が日本の命運を左右するのではないかと見通した。

残り2225文字(全文2458文字)

週刊エコノミスト

週刊エコノミストオンラインは、月額制の有料会員向けサービスです。
有料会員になると、続きをお読みいただけます。

・会員限定の有料記事が読み放題
・1989年からの誌面掲載記事検索
・デジタル紙面で過去8号分のバックナンバーが読める

通常価格 月額2,040円(税込)

週刊エコノミスト最新号のご案内

週刊エコノミスト最新号

10月11日号

止まらない円安 24年ぶり介入第1部 市場の攻防15 亡国の円買い介入 財政破綻を早める ■編集部17 1ドル=70円台はもうない ■篠原 尚之 ドル高が揺さぶる「国際金融」 ■長谷川 克之18 円安 これから本格化する内外金利差の円売り ■唐鎌 大輔20 国力低下 米国の強力な利上げはまだ続く 円 [目次を見る]

デジタル紙面ビューアーで読む

おすすめ情報

編集部からのおすすめ

最新の注目記事