教養・歴史いま学ぶ!渋沢資本主義

鉄道国有化支持に転じた真意=恩田睦/6

    1872(明治5)年、日本初の鉄道が新橋―横浜間で開業した
    1872(明治5)年、日本初の鉄道が新橋―横浜間で開業した

     明治初期から全国的な鉄道網を構築するうえで民営にするか、官営にするかという経営形態を巡って、政治家、軍部、そして実業家などがそれぞれの立場から意見を主張した。民営による競争を通じた産業の活性化を重視する渋沢栄一は当初、民営論を唱えたが、時に政府の補助も求め、後に国有化支持に転じた。

     一貫するのは、地域の農業や商工業を発展させるインフラとして鉄道を位置づけ、輸送サービスの向上を重視する姿勢だ。

    残り2125文字(全文2323文字)

    週刊エコノミスト

    週刊エコノミストオンラインは、月額制の有料会員向けサービスです。
    有料会員になると、続きをお読みいただけます。

    ・会員限定の有料記事が読み放題
    ・1989年からの誌面掲載記事検索
    ・デジタル紙面で過去8号分のバックナンバーが読める

    通常価格 月額2,040円(税込)

    週刊エコノミスト最新号のご案内

    週刊エコノミスト最新号

    4月27日号

    未来産業の本命 新エネ、DX、デジタル通貨第1部 エネルギーとデジタルが生む革新14 脱炭素の大開拓時代 革命は日本から始まる ■浜田 健太郎/村田 晋一郎16 新エネ(1) 洋上風力 潜在力は原発500基分 ■宗 敦司19 (2) 送配電 「直流送電」で再エネ普及へ ■南野 彰24 (3) 蓄電池 [目次を見る]

    デジタル紙面ビューアーで読む

    おすすめ情報

    最新の注目記事