経済・企業いま学ぶ!渋沢資本主義

第一国立銀行の危機で陣頭に=杉浦勢之/5

    第一国立銀行の建物も元々は三井組が三井バンクを目指して建設した(日本銀行貨幣博物館所蔵)
    第一国立銀行の建物も元々は三井組が三井バンクを目指して建設した(日本銀行貨幣博物館所蔵)

     明治維新以降、西欧の知識を吸収し、新しい制度を構想した俊才は多くいたが、構想立案から実行の現場まで一貫して担った人物というと、渋沢栄一に並ぶ者はいない。大蔵省時代に官として数々の制度の構想立案を担った経験は、民間に転じて第一国立銀行を設立・運営した際に生かされた。渋沢は、同行の構想当初には予期できなかったことを、長期的視点で修正しつつ運営に当たったのだ。

    残り2584文字(全文2763文字)

    週刊エコノミスト

    週刊エコノミストオンラインは、月額制の有料会員向けサービスです。
    有料会員になると、続きをお読みいただけます。

    ・会員限定の有料記事が読み放題
    ・1989年からの誌面掲載記事検索
    ・デジタル紙面で過去8号分のバックナンバーが読める

    通常価格 月額2,040円(税込)

    週刊エコノミスト最新号のご案内

    週刊エコノミスト最新号

    4月27日号

    未来産業の本命 新エネ、DX、デジタル通貨第1部 エネルギーとデジタルが生む革新14 脱炭素の大開拓時代 革命は日本から始まる ■浜田 健太郎/村田 晋一郎16 新エネ(1) 洋上風力 潜在力は原発500基分 ■宗 敦司19 (2) 送配電 「直流送電」で再エネ普及へ ■南野 彰24 (3) 蓄電池 [目次を見る]

    デジタル紙面ビューアーで読む

    おすすめ情報

    最新の注目記事