週刊エコノミスト Online編集後記

北條一浩/桐山友一

    編集部から

     書店の開店が相次いでいる、と書いたら「そんなバカな」と言われるだろう。全国の書店総数は減少の一途というのが一般的な常識だ。

     種明かしをしよう。ここで言うのは個人経営の古書店のことである。コロナ禍で多くの業態が閉店するなか、古書店は、閉店も確かにあるがそれ以上に新規開店が目立つ状況にある。

     好況の理由には、「信頼」がベースにあると思う。個人の古書店はスペースも小さく、扱える点数も限られている。必然的にセレクトショップ的な品ぞろえとなる。そして急いで付け加えるが、そこには「セレクトショップ」という言葉に表れるスノビズムは前面には出ず、「まちの本屋」としての大衆性のほうが大切にされている。

     本好きが信頼できて、排他的でもなく、隅々まで棚を見られる店。最高だ。これからは個人商店の時代だ、と言える現実がここにある。

    残り898文字(全文1261文字)

    週刊エコノミスト

    週刊エコノミストオンラインは、月額制の有料会員向けサービスです。
    有料会員になると、続きをお読みいただけます。

    ・会員限定の有料記事が読み放題
    ・1989年からの誌面掲載記事検索
    ・デジタル紙面で過去8号分のバックナンバーが読める

    通常価格 月額2,040円(税込)

    週刊エコノミスト最新号のご案内

    週刊エコノミスト最新号

    5月18日号

    固定資産税に気を付けろ!16 コロナで税額据え置きに 知識を蓄えて自己防衛を ■編集部19 課税明細書を理解するチェックポイント3 ■編集部/監修=古郡 寛22 取られすぎ! 実例に学ぶ課税ミス 大阪市は71億円返還へ ■編集部25 過徴収分の返還は? 地方税法の時効は5年でも 自治体によっては「2 [目次を見る]

    デジタル紙面ビューアーで読む

    おすすめ情報

    最新の注目記事