国際・政治深層真相

原発処理水の海洋放出 約束“すり替え”の論法

 政府が4月13日、東京電力福島第1原発にたまり続けていた汚染処理水を、放射性物質濃度を国の基準以下に下げた上で海に流す方針を決めた。漁業関係者らが反対する中で押し切る形となったが、背景には独特の「霞が関文学」があった。

 実は、東電は2015年8月、福島県漁業協同組合連合会と「関係者の理解なくして、いかなる処分も行わない」と…

残り245文字(全文408文字)

週刊エコノミスト

週刊エコノミストオンラインは、月額制の有料会員向けサービスです。
有料会員になると、続きをお読みいただけます。

・会員限定の有料記事が読み放題
・1989年からの誌面掲載記事検索
・デジタル紙面で過去8号分のバックナンバーが読める

通常価格 月額2,040円(税込)

週刊エコノミスト最新号のご案内

週刊エコノミスト最新号

10月11日号

止まらない円安 24年ぶり介入第1部 市場の攻防15 亡国の円買い介入 財政破綻を早める ■編集部17 1ドル=70円台はもうない ■篠原 尚之 ドル高が揺さぶる「国際金融」 ■長谷川 克之18 円安 これから本格化する内外金利差の円売り ■唐鎌 大輔20 国力低下 米国の強力な利上げはまだ続く 円 [目次を見る]

デジタル紙面ビューアーで読む

おすすめ情報

編集部からのおすすめ

最新の注目記事