国際・政治深層真相

五輪都合の緊急事態宣言 崖っぷちの東京都

     新型コロナウイルスの感染再拡大が続く東京都。小池百合子知事は4月18日、「緊急事態宣言の要請も視野に入れ、スピード感を持って検討するよう職員に指示した」と述べ、3回目の宣言発令の可能性に踏み込んだ。

     都内では12日に「まん延防止等重点措置」の適用がされたばかり。もともと重点措置の適用に慎重だった小池知事のあまりに早い「宣言」への言及の裏には、開幕まで100日を切った東京五輪・パラリンピックへの焦りがある。

     東京より数日早く宣言の必要性に言及したのは大阪府だ。感染者が1000人を超え、医療提供体制が危機的状況に追い込まれている大阪に比べると、東京の感染者は400~700人程度で推移。重症者も45人前後で、2度目の宣言が発令された1月8日時点(感染者2459人)よりはまだ落ち着いているようにも見える。だが、都幹部は「感染者が跳ね上がる時は一瞬。いますぐに手を打たないと五輪に間に合わない」と危機感を示す…

    残り190文字(全文595文字)

    週刊エコノミスト

    週刊エコノミストオンラインは、月額制の有料会員向けサービスです。
    有料会員になると、続きをお読みいただけます。

    ・会員限定の有料記事が読み放題
    ・1989年からの誌面掲載記事検索
    ・デジタル紙面で過去8号分のバックナンバーが読める

    通常価格 月額2,040円(税込)

    週刊エコノミスト最新号のご案内

    週刊エコノミスト最新号

    5月18日号

    固定資産税に気を付けろ!16 コロナで税額据え置きに 知識を蓄えて自己防衛を ■編集部19 課税明細書を理解するチェックポイント3 ■編集部/監修=古郡 寛22 取られすぎ! 実例に学ぶ課税ミス 大阪市は71億円返還へ ■編集部25 過徴収分の返還は? 地方税法の時効は5年でも 自治体によっては「2 [目次を見る]

    デジタル紙面ビューアーで読む

    おすすめ情報

    最新の注目記事