国際・政治ワールドウオッチ

ニューヨーク 自転車シェア世界第2位に=冷泉彰彦

    自転車シェアリングサービスを展開するリフト社 (Bloomberg)
    自転車シェアリングサービスを展開するリフト社 (Bloomberg)

     ニューヨークの自転車シェアリングサービスが活況だ。新型コロナウイルスの感染拡大を背景に利用が促進されたこともあり、サービスを行うリフト社が同市内で保有する自転車が2万台を超え、中国に次ぐサービス規模となった。同社は2024年までに保有台数を倍増させ、現在世界最大である中国の蘇州市を追い越すとしている。

     同市内では2013年、ブルームバーグ前市長の立案のもと、シティバンク銀行がスポンサーとなり、自転車シェアリングのサービスを開始。市内の交通渋滞を解決しつつ、環境や健康面にも貢献できると歓迎された。その後、18年にリフト社がこのシティバイク事業全体を買収し、現在は完全に民間の事業となり発展。事業は好調で、当初は営業地域ではなかったニューヨーク市のクイーンズ区、そしてハドソン川の対岸にあたるニュージ…

    残り153文字(全文505文字)

    週刊エコノミスト

    週刊エコノミストオンラインは、月額制の有料会員向けサービスです。
    有料会員になると、続きをお読みいただけます。

    ・会員限定の有料記事が読み放題
    ・1989年からの誌面掲載記事検索
    ・デジタル紙面で過去8号分のバックナンバーが読める

    通常価格 月額2,040円(税込)

    週刊エコノミスト最新号のご案内

    週刊エコノミスト最新号

    5月18日号

    固定資産税に気を付けろ!16 コロナで税額据え置きに 知識を蓄えて自己防衛を ■編集部19 課税明細書を理解するチェックポイント3 ■編集部/監修=古郡 寛22 取られすぎ! 実例に学ぶ課税ミス 大阪市は71億円返還へ ■編集部25 過徴収分の返還は? 地方税法の時効は5年でも 自治体によっては「2 [目次を見る]

    デジタル紙面ビューアーで読む

    おすすめ情報

    最新の注目記事