国際・政治ワールドウオッチ

インド コロナ禍で保護主義が進行=天野友紀子

    冷媒入りのエアコンは輸入禁止に NNA撮影
    冷媒入りのエアコンは輸入禁止に NNA撮影

     新型コロナウイルス禍の1年で、インド政府は国内産業保護の姿勢を鮮明にしている。昨年6月以降にタイヤ輸入の事前許可制度などを導入したほか、今年2月には電子部品や自動車部品への関税導入または税率引き上げを発表。日系企業のビジネスに影響が出ている。

     新たに関税導入・税率引き上げが決まったのは、自動車用強化ガラスやプリント基板など。自動車・電子機器などのカギとなる部品で、識者は「完成品のコストに跳ね返…

    残り299文字(全文498文字)

    週刊エコノミスト

    週刊エコノミストオンラインは、月額制の有料会員向けサービスです。
    有料会員になると、続きをお読みいただけます。

    ・会員限定の有料記事が読み放題
    ・1989年からの誌面掲載記事検索
    ・デジタル紙面で過去8号分のバックナンバーが読める

    通常価格 月額2,040円(税込)

    週刊エコノミスト最新号のご案内

    週刊エコノミスト最新号

    5月18日号

    固定資産税に気を付けろ!16 コロナで税額据え置きに 知識を蓄えて自己防衛を ■編集部19 課税明細書を理解するチェックポイント3 ■編集部/監修=古郡 寛22 取られすぎ! 実例に学ぶ課税ミス 大阪市は71億円返還へ ■編集部25 過徴収分の返還は? 地方税法の時効は5年でも 自治体によっては「2 [目次を見る]

    デジタル紙面ビューアーで読む

    おすすめ情報

    最新の注目記事