経済・企業独眼経眼

米消費者物価の伸びは5月に顕著に表れる=愛宕伸康

     米労働統計局(BLS)が4月13日に発表した3月の消費者物価指数(CPI)は、総合指数が前年比で2・6%上昇し、伸び率としては2年7カ月ぶりの大きさとなった。振れの大きいエネルギーと食品を除くコアCPIも同1・6%の大きな上昇となった。

     市場ではインフレ懸念を指摘する声が徐々に増えているが、果たしてCPIの前年比伸び率はどこまで上振れるのか、簡単な試算をしてみよう。

     その前に、重要な点を二つ指摘しておきたい。一つ目は、CPIの総合指数は振れの激しいエネルギー価格によって大きく左右されるという点だ。従って、物価上昇率の実勢を捉えたい場合はコアCPIを見るべきであり、以下ではコアCPIに焦点を当てる。

    残り763文字(全文1066文字)

    週刊エコノミスト

    週刊エコノミストオンラインは、月額制の有料会員向けサービスです。
    有料会員になると、続きをお読みいただけます。

    ・会員限定の有料記事が読み放題
    ・1989年からの誌面掲載記事検索
    ・デジタル紙面で過去8号分のバックナンバーが読める

    通常価格 月額2,040円(税込)

    週刊エコノミスト最新号のご案内

    週刊エコノミスト最新号

    5月4日・11日合併号

    日本経済大復活第1部14 ワクチン接種で需要大爆発も 「28兆円」が潤す観光や外食 ■神崎修一/桑子かつ代/斎藤信世17 インタビュー 渡辺努 東京大学 経済学部教授 「コロナ版『渋滞予測』で消費と感染防止の両立を」18 カード情報からみる国内消費 旅行、娯楽、外食に明るい兆し ■編集部20 小売り [目次を見る]

    デジタル紙面ビューアーで読む

    おすすめ情報

    最新の注目記事