【週刊エコノミスト創刊100年キャンペーン実施中】いまなら週刊エコノミストオンラインをお申し込みから3カ月間無料でお読みいただけます!

週刊エコノミスト Online書評

厳格な教義に左右される 女性たちの日常を描く=高部知子

×月×日

 先日ベリーダンスを体験した。踊りはさすがに難しかったが、古代エジプトの曲だという音楽が心地よく、なんともエキゾチックな衣装とムードに夢心地となった。イスラム文化については身近に誰も体現者はいないし、大学時代の中東史程度の知識しかないので『ルポルタージュ イスラムに生まれて 知られざる女性たちの私生活』(読売新聞中東特派員著、ミネルヴァ書房、2640円)』に興味がわき、読んでみた。

 宗教とか思想って、日本では日常的にそれほど意識することはないように思うのだが、この本を読んでみると、とにかくライフイベントの全てが教義に基づいて決められていることに改めて驚いてしまう。例えばスポーツ。2012年のロンドン五輪にサウジアラビアから柔道と陸上競技で女性選手が派遣されたのがイスラム女性では初めてなのだとか。

残り1000文字(全文1356文字)

週刊エコノミスト

週刊エコノミストオンラインは、月額制の有料会員向けサービスです。
有料会員になると、続きをお読みいただけます。

・会員限定の有料記事が読み放題
・1989年からの誌面掲載記事検索
・デジタル紙面で過去8号分のバックナンバーが読める

通常価格 月額2,040円(税込)が、今なら3ヶ月0円

週刊エコノミスト最新号のご案内

週刊エコノミスト最新号

12月13日号

論争で学ぶ 景気・物価・ドル円14 バブルは別の顔でやって来る ■熊野 英生17 鳴らないアラート 「経済の体温計」を壊した罪と罰 ■中空 麻奈18 対論1 米国経済 景気後退入りの可能性高い ■宮嶋 貴之19  景気後退入りの可能性は低い ■高橋 尚太郎20 対論2 日銀 23年後半から24年前半 [目次を見る]

デジタル紙面ビューアーで読む

おすすめ情報

編集部からのおすすめ

最新の注目記事