テクノロジーエコノミストリポート

宇宙 日本のH3ロケット大詰め 打ち上げコスト半減目標でも 世界のトレンドは「再使用」=鳥嶋真也

2021年3月17日、鹿児島の種子島宇宙センターにて「極低温点検」を実施したH3ロケット ©JAXA
2021年3月17日、鹿児島の種子島宇宙センターにて「極低温点検」を実施したH3ロケット ©JAXA

 鹿児島県の種子島宇宙センターに3月17日、日本の次世代大型ロケット「H3」が姿を現した。ロケットは18日にかけて、実際の打ち上げ時とほぼ同じ状態を模擬し、作業性や手順を確認する「極低温点検」を実施。良好な結果に終わり、開発における大きな山を一つ越えた。

 H3は、宇宙航空研究開発機構(JAXA)と三菱重工業などが開発しているロケットで、2021年度中に試験機1号機の打ち上げを目指している。完成後は、日本の宇宙輸送の自律性を維持し続けるとともに、国際的な人工衛星の商業打ち上げ市場において、欧米のロケットからシェアを奪うことも狙っている。

 今回実施した極低温点検とは、極低温の推進剤である液体酸素や液体水素を初めて機体に充填(じゅうてん)し、打ち上げ直前までの手順をリハーサルするものだ。ここで大きな問題が見つからなかったということは、打ち上げに向けて大きく前進したことを意味する。しかし、H3の開発が大詰めを迎えつつある一方で、その将来性には課題も多い。

残り3122文字(全文3551文字)

週刊エコノミスト

週刊エコノミストオンラインは、月額制の有料会員向けサービスです。
有料会員になると、続きをお読みいただけます。

・会員限定の有料記事が読み放題
・1989年からの誌面掲載記事検索
・デジタル紙面で過去8号分のバックナンバーが読める

通常価格 月額2,040円(税込)

週刊エコノミスト最新号のご案内

週刊エコノミスト最新号

8月23日号

電力危機に勝つ企業12 原発、自由化、再エネの死角 オイルショックを思い出せ ■荒木 涼子/和田 肇15 電力逼迫を乗り越える 脱炭素化が促す経済成長 ■編集部16 風力 陸上は建て替え増える 洋上は落札基準を修正 ■土守 豪18 太陽光 注目のPPAモデル 再エネは新ビジネス時代へ ■本橋 恵一2 [目次を見る]

デジタル紙面ビューアーで読む

おすすめ情報

編集部からのおすすめ

最新の注目記事