経済・企業深層真相

コロプラ訴訟が泥沼化 任天堂が賠償額引き上げ

     コロプラのスマートフォンゲーム「白猫プロジェクト」(白猫)が特許権を侵害しているとして、任天堂がゲーム配信差し止めと損害賠償を求めた訴訟が泥沼化している。コロプラは4月21日、任天堂からの賠償請求額が49億5000万円から96億9900万円へ、2倍近くまで引き上げられたと発表した。請求額の増額理由について任天堂は、「提訴後の時間経過」としている。

     任天堂が特許を侵害されたとしているのは、ゲームを操作する画面のタップ(指でたたくなど)の方法にかかる技術。業界アナリストは「白猫の操作方法は、以前から任天堂が採用する方法と酷似している」と指摘する。

    残り267文字(全文542文字)

    週刊エコノミスト

    週刊エコノミストオンラインは、月額制の有料会員向けサービスです。
    有料会員になると、続きをお読みいただけます。

    ・会員限定の有料記事が読み放題
    ・1989年からの誌面掲載記事検索
    ・デジタル紙面で過去8号分のバックナンバーが読める

    通常価格 月額2,040円(税込)

    週刊エコノミスト最新号のご案内

    週刊エコノミスト最新号

    6月22日号

    EVと再エネ 儲かる金属14 日米欧中の電池大争奪戦 政府と企業の胆力が試される ■金山 隆一18 レアアースのネオジム 双日が豪ライナスに出資 ■小田切 尚登/編集部19 ネオジム磁石 大同特殊鋼とホンダが独自開発 ■編集部20 株価急騰 EVで注目の海外企業はこの5社 ■編集部21 銅 「新しい [目次を見る]

    デジタル紙面ビューアーで読む

    おすすめ情報

    最新の注目記事