【週刊エコノミスト創刊100年キャンペーン実施中】いまなら週刊エコノミストオンラインをお申し込みから3カ月間無料でお読みいただけます!

経済・企業深層真相

武田期待の「新薬候補」 低迷する開発の救世主か

 武田薬品工業の湘南研究所で開発するナルコレプシー(過眠症)薬に業界関係者が注目している。同薬は、突然強い眠気に襲われる病気を治療する新薬候補で、来春に最終段階の臨床試験開始を見込む。クリストフ・ウェバー社長=写真=が、ピーク時の売り上げ予測を最大60億ドル(約6500億円)と公言する期待の新薬候補だ。

 研究開発部門は製薬企業の心臓部だが、武田は最近、自前では目立った成果を上げられていない。湘南研究所は戦前から続く大阪・十三の拠点を閉鎖して開業。しかし、武田の看板を表に出さず「湘南ヘルスイノベーションパーク」と名付け、建物の一部でテナントも募集したことで、「不動産業を始めた」と揶揄(やゆ)される始末。

残り208文字(全文512文字)

週刊エコノミスト

週刊エコノミストオンラインは、月額制の有料会員向けサービスです。
有料会員になると、続きをお読みいただけます。

・会員限定の有料記事が読み放題
・1989年からの誌面掲載記事検索
・デジタル紙面で過去8号分のバックナンバーが読める

通常価格 月額2,040円(税込)が、今なら3ヶ月0円

週刊エコノミスト最新号のご案内

週刊エコノミスト最新号

10月18日号

EV&電池世界戦16 米中欧のEV覇権争いと戦略なき日本の危機 ■野辺 継男18 蓄電池は21世紀の石油 ニーズこそ進化を促す20 インタビュー 只信一生 電池サプライチェーン協議会会長、パナソニックエナジー社長 「蓄電インフラ整備こそ日本の課題」21 米国先制 17州が35年に「脱ガソリン車」 ■ [目次を見る]

デジタル紙面ビューアーで読む

おすすめ情報

編集部からのおすすめ

最新の注目記事