週刊エコノミスト Online闘論席

池谷裕二の闘論席

    撮影 武市公孝
    撮影 武市公孝

     自律的に討論する人工知能(AI)が発表された。IBM社のスロニム博士らが3月に『ネイチャー』誌で公開した。

     AIの得意分野には特徴がある。チェスや囲碁などはAIの独擅(どくせん)の場で、ヒトの入り込む余地はない。文章や表情から感情を読むようなタスクもAIの得手だ。これらのタスクは課題や目標が明白で、戦略の良しあしを評価しやすい。一方、翻訳や要約は苦手である。ヒトには毎時100本もの論文に目を通して要約する能力はない。しかし、時間をかけて作業するのであれば、その精度においてAIは敵ではない。

     今回のAIは幅広いトピックについて自律的にディベートをする。対話は言語理解と言語生成の二つのタスクを同時に行う必要がある。これまではAI専門家が個別に研究してきたため、両者を統合したAIはなかった。今回のAIは4億もの新聞記事を事前に学習し、習得した知識体系がインターネット辞書に有機的に連結されている。これによりトピックに関連した主張や証拠を紡ぎ、首尾一貫したストーリーを生み出す。事前に習得して…

    残り381文字(全文829文字)

    週刊エコノミスト

    週刊エコノミストオンラインは、月額制の有料会員向けサービスです。
    有料会員になると、続きをお読みいただけます。

    ・会員限定の有料記事が読み放題
    ・1989年からの誌面掲載記事検索
    ・デジタル紙面で過去8号分のバックナンバーが読める

    通常価格 月額2,040円(税込)

    週刊エコノミスト最新号のご案内

    週刊エコノミスト最新号

    6月22日号

    EVと再エネ 儲かる金属14 日米欧中の電池大争奪戦 政府と企業の胆力が試される ■金山 隆一18 レアアースのネオジム 双日が豪ライナスに出資 ■小田切 尚登/編集部19 ネオジム磁石 大同特殊鋼とホンダが独自開発 ■編集部20 株価急騰 EVで注目の海外企業はこの5社 ■編集部21 銅 「新しい [目次を見る]

    デジタル紙面ビューアーで読む

    おすすめ情報

    最新の注目記事