教養・歴史小川仁志の哲学でスッキリ問題解決

SNSやメールを見るのも嫌になりました。情報過多に疲れました/82

 Q SNSやメールを見るのも嫌になりました。情報過多に疲れました

 A 精神的豊かさの比喩となる「森」を散策し、自分と向き合ってみては

 情報過多の世の中に疲れています。最近はSNS(交流サイト)どころか、メールを見るのもおっくうになっています。これって、まずいでしょうか?

(百貨店勤務・40代男性)

 私も情報の洪水の中で溺れそうな日常を送っているので、よくわかります。メール、SNS、You Tube、新聞、雑誌……。いくら情報社会といえども、どこかで線を引かないと、本当に溺れてしまいかねません。そこで参考になるのが、アメリカの思想家ソローの言葉です。

 ソローは森の生活者と呼ばれる通り森の中で自給自足の生活を送ったことで知られています。生活を可能な限りシンプルにし、多くの時間を思索などの精神的活動に充てたと言われます。なぜ森なのかというと、そこでは人は人生に向き合うことができるからです。

残り974文字(全文1371文字)

週刊エコノミスト

週刊エコノミストオンラインは、月額制の有料会員向けサービスです。
有料会員になると、続きをお読みいただけます。

・会員限定の有料記事が読み放題
・1989年からの誌面掲載記事検索
・デジタル紙面で過去8号分のバックナンバーが読める

通常価格 月額2,040円(税込)

週刊エコノミスト最新号のご案内

週刊エコノミスト最新号

2月14日号

どうする?どうなる?日銀大検証16 岸田政権「インフレ抑制」へ 10年ぶり総裁交代で緩和修正 ■浜田 健太郎19 インタビュー 軽部謙介 帝京大学教授・ジャーナリスト 日銀が甘くみた内閣の力 「安倍1強」に内部ひょう変21 「 ガラパゴス」日銀 市場機能をマヒさせた「看守」 低金利慣れの財政に大打撃 [目次を見る]

デジタル紙面ビューアーで読む

おすすめ情報

編集部からのおすすめ

最新の注目記事