マーケット・金融独眼経眼

銅の史上最高値更新が「通過点に過ぎない」根拠=渡辺浩志

    新興国株価とともに上がる銅価格=渡辺浩志

     銅が史上最高値圏にある。産業に不可欠な金属である銅の価格は、世界景気を反映するといわれる。近年は生産活動やインフラ投資の中心は中国などの新興国にあり銅市況は新興国株価と連動している(図1)。新興国株価は新型コロナウイルス禍以降、ほぼ一本調子で上昇しており、銅もこれと合わせて上昇している。

     ただし、株式市場は、金融緩和による「金融相場」から、財政政策や景気回復による「業績相場」へと移行しつつある。

    残り861文字(全文1081文字)

    週刊エコノミスト

    週刊エコノミストオンラインは、月額制の有料会員向けサービスです。
    有料会員になると、続きをお読みいただけます。

    ・会員限定の有料記事が読み放題
    ・1989年からの誌面掲載記事検索
    ・デジタル紙面で過去8号分のバックナンバーが読める

    通常価格 月額2,040円(税込)

    週刊エコノミスト最新号のご案内

    週刊エコノミスト最新号

    12月7日号

    東証再編サバイバル18 収益性底上げへの“荒業” 日本株再起動の起爆剤に ■稲留 正英/中園 敦二24 インタビュー1 再編の狙いに迫る 山道裕己 東京証券取引所社長 「3年後には『経過措置』の方向性 プライム基準の引き上げもありうる」27 やさしく解説Q&A 東証再編/TOPIX改革/CGコード改 [目次を見る]

    デジタル紙面ビューアーで読む

    おすすめ情報

    最新の注目記事