教養・歴史書評

同調圧力がファシズムに戦時日本と現代の類似点=井上寿一(歴史書の棚)

     コロナ禍下の日本は戦時中を想起させる。今と当時の間には具体的にどのような類似点があるのか。大塚英志『「暮し」のファシズム』(筑摩選書、1980円)が手がかりを与える。著者は「国民皆マスク」に違和感を抱く。戦時下のガスマスクを連想させて、同調圧力の重苦しさが類似しているからである。

     ここから戦時中の日本が再考される。1940年前後の近衛文麿内閣による「新生活体制」は日常生活の「ファシズム」化だった。今日の日本における「新しい生活様式」と戦時下の「新生活体制」が重なる。

     このような指摘は、従来の近衛新体制研究と比較すれば、そのユニークさが明らかとなる。

    残り596文字(全文874文字)

    週刊エコノミスト

    週刊エコノミストオンラインは、月額制の有料会員向けサービスです。
    有料会員になると、続きをお読みいただけます。

    ・会員限定の有料記事が読み放題
    ・1989年からの誌面掲載記事検索
    ・デジタル紙面で過去8号分のバックナンバーが読める

    通常価格 月額2,040円(税込)

    週刊エコノミスト最新号のご案内

    週刊エコノミスト最新号

    6月22日号

    EVと再エネ 儲かる金属14 日米欧中の電池大争奪戦 政府と企業の胆力が試される ■金山 隆一18 レアアースのネオジム 双日が豪ライナスに出資 ■小田切 尚登/編集部19 ネオジム磁石 大同特殊鋼とホンダが独自開発 ■編集部20 株価急騰 EVで注目の海外企業はこの5社 ■編集部21 銅 「新しい [目次を見る]

    デジタル紙面ビューアーで読む

    おすすめ情報

    最新の注目記事