教養・歴史書評

同調圧力がファシズムに戦時日本と現代の類似点=井上寿一(歴史書の棚)

 コロナ禍下の日本は戦時中を想起させる。今と当時の間には具体的にどのような類似点があるのか。大塚英志『「暮し」のファシズム』(筑摩選書、1980円)が手がかりを与える。著者は「国民皆マスク」に違和感を抱く。戦時下のガスマスクを連想させて、同調圧力の重苦しさが類似しているからである。

 ここから戦時中の日本が再考される。1940年前後の近衛文麿内閣による「新生活体制」は日常生活の「ファシズム」化だった。今日の日本における「新しい生活様式」と戦時下の「新生活体制」が重なる。

 このような指摘は、従来の近衛新体制研究と比較すれば、そのユニークさが明らかとなる。

残り596文字(全文874文字)

週刊エコノミスト

週刊エコノミストオンラインは、月額制の有料会員向けサービスです。
有料会員になると、続きをお読みいただけます。

・会員限定の有料記事が読み放題
・1989年からの誌面掲載記事検索
・デジタル紙面で過去8号分のバックナンバーが読める

通常価格 月額2,040円(税込)

週刊エコノミスト最新号のご案内

週刊エコノミスト最新号

10月11日号

止まらない円安 24年ぶり介入第1部 市場の攻防15 亡国の円買い介入 財政破綻を早める ■編集部17 1ドル=70円台はもうない ■篠原 尚之 ドル高が揺さぶる「国際金融」 ■長谷川 克之18 円安 これから本格化する内外金利差の円売り ■唐鎌 大輔20 国力低下 米国の強力な利上げはまだ続く 円 [目次を見る]

デジタル紙面ビューアーで読む

おすすめ情報

編集部からのおすすめ

最新の注目記事