国際・政治ワールドウオッチ

NYでアジア系市民に対するヘイトクライム急増 前年同期比3倍超=橋本孝

経済活動の再開に伴い、更なる犯罪増加が懸念される (Bloomberg)
経済活動の再開に伴い、更なる犯罪増加が懸念される (Bloomberg)

ニューヨーク アジア系への憎悪犯罪件数3倍超=橋本孝

 ニューヨーク市警によると、年初来から5月末までのヘイトクライム(憎悪犯罪)が前年同期比98%増加した。顕著なのがアジア系市民に対する憎悪犯罪の増加で、同335%と急増している。アジア系住民に対する憎悪の理由には、新型コロナウイルスの発生に中国が関与しているという疑惑があるとみられるが、払拭(ふっしょく)が難しい問題であり、アジア系住民への憎悪は長引く可能性が高い。

 憎悪犯罪以外の犯罪も悪化している。同市警の調べでは、発砲事件は前年同期比73%、殺人事件は同17・4%増加した。地下鉄の24時間運行サービスも再開しており、人の移動が活発になり観光客も戻れば、犯罪もさらに増加すると懸念されている。

残り222文字(全文548文字)

週刊エコノミスト

週刊エコノミストオンラインは、月額制の有料会員向けサービスです。
有料会員になると、続きをお読みいただけます。

・会員限定の有料記事が読み放題
・1989年からの誌面掲載記事検索
・デジタル紙面で過去8号分のバックナンバーが読める

通常価格 月額2,040円(税込)

週刊エコノミスト最新号のご案内

週刊エコノミスト最新号

2月14日号

どうする?どうなる?日銀大検証16 岸田政権「インフレ抑制」へ 10年ぶり総裁交代で緩和修正 ■浜田 健太郎19 インタビュー 軽部謙介 帝京大学教授・ジャーナリスト 日銀が甘くみた内閣の力 「安倍1強」に内部ひょう変21 「 ガラパゴス」日銀 市場機能をマヒさせた「看守」 低金利慣れの財政に大打撃 [目次を見る]

デジタル紙面ビューアーで読む

おすすめ情報

編集部からのおすすめ

最新の注目記事