国際・政治ワールドウオッチ

ブラジルの電力不足問題、政府は対策を国民に丸投げ=美代賢志

国民は快適な暮らしを犠牲にできるのか 筆者撮影
国民は快適な暮らしを犠牲にできるのか 筆者撮影

ブラジル 時代遅れの節電対策=美代賢志

 今年、過去91年間で最悪の水不足に見舞われ、電気料金の引き上げが決まったブラジルだが、現時点で政府は計画停電の必要性を否定している。この発表の裏にはある打算が隠れているのだが、残念ながら空振りに終わる可能性が高い。

 ブラジルでは2001年、国内産業の中心地である南東部などが干ばつに襲われ全域停電が発生、電気料金が値上げされ、消費者はさまざまな省エネ対策を講じた。つまり政府は今回も電気…

残り321文字(全文534文字)

週刊エコノミスト

週刊エコノミストオンラインは、月額制の有料会員向けサービスです。
有料会員になると、続きをお読みいただけます。

・会員限定の有料記事が読み放題
・1989年からの誌面掲載記事検索
・デジタル紙面で過去8号分のバックナンバーが読める

通常価格 月額2,040円(税込)

週刊エコノミスト最新号のご案内

週刊エコノミスト最新号

8月23日号(8月16日発売)

電力危機に勝つ企業12 原発、自由化、再エネの死角 オイルショックを思い出せ ■荒木 涼子/和田 肇15 電力逼迫を乗り越える 脱炭素化が促す経済成長 ■編集部16 風力 陸上は建て替え増える 洋上は落札基準を修正 ■土守 豪18 太陽光 注目のPPAモデル 再エネは新ビジネス時代へ ■本橋 恵一2 [目次を見る]

デジタル紙面ビューアーで読む

おすすめ情報

編集部からのおすすめ

最新の注目記事