国際・政治ワールドウオッチ

ブラジルの電力不足問題、政府は対策を国民に丸投げ=美代賢志

国民は快適な暮らしを犠牲にできるのか 筆者撮影
国民は快適な暮らしを犠牲にできるのか 筆者撮影

ブラジル 時代遅れの節電対策=美代賢志

 今年、過去91年間で最悪の水不足に見舞われ、電気料金の引き上げが決まったブラジルだが、現時点で政府は計画停電の必要性を否定している。この発表の裏にはある打算が隠れているのだが、残念ながら空振りに終わる可能性が高い。

 ブラジルでは2001年、国内産業の中心地である南東部などが干ばつに襲われ全域停電が発生、電気料金が値上げされ、消費者はさまざまな省エネ対策を講じた。つまり政府は今回も電気…

残り321文字(全文534文字)

週刊エコノミスト

週刊エコノミストオンラインは、月額制の有料会員向けサービスです。
有料会員になると、続きをお読みいただけます。

・会員限定の有料記事が読み放題
・1989年からの誌面掲載記事検索
・デジタル紙面で過去8号分のバックナンバーが読める

通常価格 月額2,040円(税込)

週刊エコノミスト最新号のご案内

週刊エコノミスト最新号

2月7日号

賃上げサバイバル16 大企業中心の賃上げブーム 中小の7割は「予定なし」 ■村田 晋一郎19 インタビュー 後藤茂之 経済再生担当大臣 賃上げは生産性向上と一体 非正規雇用の正社員化を支援20 「賃上げ」の真実 正社員中心主義脱却へ ■水町 勇一郎22 賃上げの処方箋 「物価・賃金は上がるもの」へ意 [目次を見る]

デジタル紙面ビューアーで読む

おすすめ情報

編集部からのおすすめ

最新の注目記事