国際・政治ワールドウオッチ

交通事故多発のインド、罰金強化で事故は減少傾向に=中島敬二

20年の交通事故は違反者への罰則が強化されたこともあり大幅減に (Bloomberg)
20年の交通事故は違反者への罰則が強化されたこともあり大幅減に (Bloomberg)

インド 罰金増額で交通事故が激減=中島敬二

 インドは中国以上の交通事故最多発国である。2019年には全土で約48万件の交通事故が発生し、15万1113人が亡くなっている。

 事故は交通違反と強い相関関係にある。7月2日、北部デリー市交通警察局は過去10年間で交通違反の罰金として7億ルピー(約10億円)を徴収したと発表した。

 だが20年度は交通違反、交通事故ともに激減した。コロナ禍で交通量が減ったこともあるが、インド政府が交通違反への罰則を強化したことが大きい。19年9月に施行した新たな規制では、運転免許証不携帯の場合、従来の罰金の10倍に当たる5000ルピーが徴収される。またスピード違反者に科される罰金は従来の400ルピーから1000~2000ルピーに引き上げられた。

残り202文字(全文539文字)

週刊エコノミスト

週刊エコノミストオンラインは、月額制の有料会員向けサービスです。
有料会員になると、続きをお読みいただけます。

・会員限定の有料記事が読み放題
・1989年からの誌面掲載記事検索
・デジタル紙面で過去8号分のバックナンバーが読める

通常価格 月額2,040円(税込)

週刊エコノミスト最新号のご案内

週刊エコノミスト最新号

8月23日号(8月16日発売)

電力危機に勝つ企業12 原発、自由化、再エネの死角 オイルショックを思い出せ ■荒木 涼子/和田 肇15 電力逼迫を乗り越える 脱炭素化が促す経済成長 ■編集部16 風力 陸上は建て替え増える 洋上は落札基準を修正 ■土守 豪18 太陽光 注目のPPAモデル 再エネは新ビジネス時代へ ■本橋 恵一2 [目次を見る]

デジタル紙面ビューアーで読む

おすすめ情報

編集部からのおすすめ

最新の注目記事